法人概要
(わたしたちのこと)


茶話やかテント


バザー

 当法人は、阪神淡路大震災直後に設立し、誰もが安心して暮らせるまちづくりを目的に、 住民互助による高齢者支援を行い、現在は住民のニーズを掬い上げ、多様な活動を展開しています。
 拠点は、「市場」の空き店舗5カ所です。0〜100歳までの住民が交流し、 障害者、外国人などの居場所を実現させ、22年間の実績と年間3万人の利用からも見られるように、 公共性が高く、地域福祉の拠点的役割を果たしています。
 当法人の多様な事業は、地域の絆を深め、住民の孤立化を防ぎ、 誰もが安心して暮らすための必要不可欠な活動です。少子高齢化が進む日本の至る場所で、 ますます重要になる活動だと考えています。

事業の拡がり